検索
  • Sports Various

熱中症について|Various Sports

最近暑い日も増えてきましたね!


梅雨を過ぎるとますます気温が上がって来ると思いますので、熱中症について説明いたします。


近年ではスポーツ現場に限らず家の中でも熱中症により命を落としてしまう人のニュースもありますよね。


そんな悲しい出来事にならないように熱中症とその処置を理解しましょう!

まず熱中症は4つに分けられます。



1.熱失神

血管の拡張や下半身に血流が溜まり、頭(脳)への血流が少なくなった状態です。

症状

めまいや失神(一過性で瞬間的に意識が無くなる)があります。

仰向けに寝て足を心臓より高くあげていると症状は緩和してきます。



2.熱けいれん

血液の塩分が少なくなったときに起きます。

少なくなる原因

大量の汗(汗には塩分が含まれています)をかき、水だけ、もしくは塩分が少ない飲み物を飲んでいると血流の中の塩分が足りなくなると起きます。

症状

筋けいれん(こむら返り)が足、腹筋、腕などに起きます。

スポーツドリンクや生理食塩水を飲むと回復が見込まれます。

飲めない場合は点滴が必要になります。



3.熱疲労

大量の汗による脱水や血管の広がりから全身の血流が悪くなっている状態です。

症状

めまい、倦怠感、吐き気、脱力感、頭痛などが起きます。

熱中症の4種類の中でも熱疲労が1番多いとされています。

スポーツドリンクや生理食塩水などで水分と塩分を取ると回復します。

嘔吐などで飲めない場合は病院での点滴が必要です。

回復が見込めない場合は医療機関へ受診しましょう。


4.熱射病

体温が上昇し(直腸温が)40度以上になり、

脳機能に異常がでてしまう状態です。

症状

意識障害、反応が鈍い、言動がおかしいなどがおき、さらに悪化すると昏睡状態に陥ります。

最悪死亡の可能性もあるのが熱射病です。

高体温のままになっていると、脳機能の異常だけではなく、肝臓 腎臓 肺 心臓 などにも異常がおき、死亡率も高くなってしまいます。

すぐに救急車の要請と冷却処置が必要になります!

命の危険があるので迅速に対応しましょう!

上記のように熱中症は4つに分けられますが、


実際に熱中症になっている人は、めまいや筋けいれん、体温上昇など組み合わさっている事があります。

ですので、命の危険がある熱射病の可能性がある場合はすぐに救急車の要請と冷却処置が必要です。(僕の友人も全身の筋けいれん、意識障害に陥り、腎臓に異常がおき、競技復帰まで1年ほどかかってしまいました。)


~冷却方法~

体温を下げるのに効果的な方法は氷水浴と言われています!

熱射病疑いの場合は救急車要請と共にすぐに行いましょう!


大きなバケツやバスタブ、子供が遊ぶ空気を膨らませて作るプールなどに氷水を作りそこに対象者を入れ身体を冷やします。

(↓の写真のようなイメージです。)





入れる物が用意できなければ、水道水からホースで水を全身に浴びせ続けてもOKです!

それも無理な場合は冷房をガンガンにつけた部屋に移動させ、氷や濡らしたタオルで全身を冷やし、うちわや扇風機も当てて対応しましょう!

直腸温を調べることが出来ればいいのですがほとんどの現場で難しいと思うので、本人が「寒い」というまで冷やしましょう!



下記↓日本スポーツ協会が出している熱中症予防の指標です!

運動する際は参考にしましょう!



1番正確なものは左に記載のWBTGの数値ですが

測定器がないと測定できなかったりするので

無い場合は乾球温度を参考にしましょう。

乾球温度とは空気の温度=気温のことです。


体重チェック!!

運動後の体重の変化でどのくらい脱水があったのかがわかります。


目安は運動後体重の減少が2パーセント未満とされています。


2パーセントとは50キロ以上の人で1キロほどになります。


体調管理のためにも運動前後の体重チェックは必要ですね!

また寝不足や疲労感、風邪っぽいなど体調が優れない方、肥満の方も注意が必要です。

学校で起きた熱中症による死亡事故の7割が肥満体質という報告もあるので肥満の方は気をつけましょう。

熱中症は死亡事故にもつながるため予防や早急な処置が必要です!


これからの熱い季節を乗り越えるためにも熱中症の知識は頭に入れておきましょう!

20回の閲覧

最新記事

すべて表示

【スポーツチーム派遣トレーニング】ケガしない身体作り/パフォーマンスアップ

理念 -Various Enjoy Fitness Crew- Various Groupではアスリートからお子様まで様々な方々に笑顔で健康になっていただく組織を目指しています。 日々スポーツに取り組む子供たちへの怪我の治療、リハビリ、パフォーマンス向上のトレーニング指導を行っております。 ケガ、痛みがあるせいで満足にスポーツを楽しめない。 練習や試合に出られない。痛みを我慢しながら取り組んでいる